ヘアサイクルとは?

髪の毛は一定の周期により生え変わっています。
髪の毛は、いいえ、体中の毛はすべて一定の周期によって生え変わっています。
その種類により周期の期間に違いはありますが。

髪の毛や体毛をそのまま切らずにいたとしても、どこまでも長くなっていくということはありません。
通常は、生えてから一定の期間が経過すると、寿命を迎えて自然に抜け落ちるからです。

ただし、体毛が抜けなくなるという珍しい病気もあります。


20160908.jpg


髪の毛が生えてから成長し、抜け落ちるまでの周期のことを「ヘアサイクル」と言います。
別名、「毛周期」とも言います。
ヘアサイクルには、「成長期」「退行期」「休止期」があります。



髪の毛は、成長期につくられます。

毛穴の下にある「毛母細胞(もうぼさいぼう)」という部分が活発に細胞分裂を繰り返します。
細胞分裂により増殖した毛母細胞は、その場に残るものと、上に伸びていくものに分かれます。
上に伸びていったものが、角質化(かくしつか)して髪の毛になります。

角質化とは、「ケラチン」というタンパク質が沈着して硬くなることです。
そして、毛母細胞は細胞分裂を停止します。
つまり、髪の毛は死んだ細胞の集まりなのです。



成長期は髪の毛が成長する期間です。
髪の毛は太く強くなり成長していきます。

成長期の期間は、男性が3年~5年、女性が4年~6年くらいです。
ヘアサイクルが正常に行われていれば、ヘアサイクルの8割~9割は成長期です。

性別により成長期の期間に違いがあるのは、体内に占める男性ホルモンと女性ホルモンの割合が違うからです。
女性ホルモンには髪の毛の成長期を長くする作用があり、男性ホルモンには髪の毛の成長期を短くする作用があります。


成長期を過ぎると、髪の毛は退行期に移行します。
毛母細胞(もうぼさいぼう)の活性力が低下していき、新しい髪の毛はつくられなくなります。
髪の毛の成長はここで止まります。
退行期の期間は2週間ほどです。


退行期を過ぎると、髪の毛は休止期に移行します。
毛根は縮小しきった状態になります。
もちろん、髪の毛が成長することはなく、後は抜けるのを待つのみです。
休止期の期間は3ヶ月ほどです。


休止期を過ぎると、再び成長期に突入します。
そして、新しい髪の毛が再び生えてきます。
これで1周期になります。

ヘアサイクルは無限に続くものではありません。
毛穴から新しい髪の毛が生えてくる回数は15回前後です。
髪の毛の再生できる回数には限界があるのです。



多少の個人差はありますが、日本人の髪の毛は約10万本です。
1日当たりにすると、だいたい50本〜100本くらい髪の毛が自然に抜け落ちています。
これ以上に抜け毛が多いと、ヘアサイクルが乱れている可能性があります。

すぐに治まる場合には、季節の変わり目などにより髪の毛が自然に抜け生え変わっていることが大半なので、大丈夫なことが多いです。
しかし、数週間と続いたり、一気に大量の髪の毛が抜ける場合には、脱毛症を発症している可能性が高くなります。

異常を感じたら、なるべく早く発毛・育毛外来に行き、専門の医師の診察を受けて下さい。
専門の医師が近くにいない場合には皮膚科で診てもらって下さい。
ただし、皮膚科では対処できない場合もありますので、診察に行く前に、電話やネットなどで確認してから受診するようにして下さい。







脱毛症には、いくつかの種類があります。
発症者の多い脱毛症の特徴と抜け毛の状態は、以下のとおりです。

AGA(男性型脱毛症)
・頭頂部か前頭部、又は、その両方が薄くなり、側頭部や後頭部は薄くならない
・抜け毛に産毛が多い

びまん性脱毛症
・髪の毛が全体的に薄くなる
・抜け毛が細くなっていくことが多い

円形脱毛症
・脱毛部分が楕円形の形をしており、境界が比較的はっきりしている
・健康な髪の毛がゴッソリと抜けることが多い


2008.08.png


最も発症者の多い脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)は、「ジビドロテストステロン」という男性ホルモンの増加により発症・進行します。
そして、このジビドロテストステロンは、前頭部と頭頂部に集中的に存在しています。


AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズムは、以下のとおりです。

ステップ1
男性ホルモン「テストステロン」と酵素「5αリダクターゼ」が結合し、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」がつくられる。

ステップ2
DHT(ジヒドロテストステロン)が、受容体「アンドロゲンレセプター」に結合し、成長因子「TGF-β」がつくられる。

ステップ3
成長因子「TGF-β」が髪の毛が抜けるように毛母細胞(もうぼさいぼう)に対して指令をだし、ヘアサイクルが短くなる。



AGA(男性型脱毛症)の医学的な治療を始めると、「初期脱毛」という髪の毛がいつも以上に抜ける現象が発生することが多いです。
私など、1日に500本以上の髪の毛が抜けました。


初期脱毛に関する記事

【治療15日目】初期脱毛でハゲた?

【治療16日目】初期脱毛!抜け毛がかなり増える!!



初期脱毛が発生しても、心配することはありません。
初期脱毛で抜ける髪の毛は、休止期の髪の毛です。

初期脱毛が発生するということは、AGAの治療の効果がでているという証拠なのです。



髪の毛にも寿命があります。
それを「ヘアサイクル」と言います。
ヘアサイクルが短くなれば、見た目には、髪の毛が薄くなったように見えます。

最も発症者の多い脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)は、ヘアサイクルを短くする脱毛症なのです。


最後まで読んで頂きありがとうございました。


この記事へのコメント

  • AGA48

    おはようございます!
    コメントありがとうございました。

    女性のヘアサイクルは男性より長いんですね。
    おもしろいです。
    2016年09月10日 08:44
  • taka

    AGA48様

    コメントありがとうございます。

    男性より女性の方がヘアサイクルが長いんですね。

    私も知りませんでした。
    2016年09月10日 12:23

この記事へのトラックバック