AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズム



こんにちは、takaです。

今回はAGAの発症メカニズムについてです。

AGAとは「androgenetic alopecia」の略です。
男性型脱毛症とも呼ばれています。

ハゲている成人男性の90%以上がこのAGA(男性型脱毛症)が原因です。

頭頂部か額の髪の毛の生え際、又は、その両方からハゲあがっていくのが特徴です。
詳しく知りたい方はこちらの記事「AGAになると頭頂部と前頭部からハゲてくる理由」をご覧下さい。


AGA(男性型脱毛症)を発症すると、通常なら2~6年という髪の毛の「成長期」が、わずか数ヶ月~1年になってしまいます。
髪の毛の寿命にていて詳しく知りたい方は、ヘアサイクルについてを読んでみて下さい。


20161211.0jpg.png


AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズムは以下のとおりです。


テストステロン
 ↓←5αリダクターゼII型
DHT(ジヒドロテストステロン)
 ↓←アンドロゲンレセプター
TGF-β(トランスフォーミング成長因子ベータ)
 ↓
髪の毛の「成長期」短縮

という具合でAGA(男性型脱毛症)は発症します。


「テストステロン」とは男性ホルモンの一種で、元々体内に存在する物質です。
このテストステロンが「5αリダクターゼII型」という酵素と結合し、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という強力な男性ホルモンが生成されます。


5αリダクターゼII型も元々体内に存在する酵素ですが、活性力(活動力)は人それぞれに違います。

5αリダクターゼII型の活性力が強い方が、DHT(ジヒドロテストステロン)をつくりだす能力が高いわけです。


このDHT(ジヒドロテストステロン)が、「アンドロゲンレセプター」という受容体に結合すると、「TGF-β(トランスフォーミング成長因子ベータ)」という成長因子が生まれます。

成長因子とは、特定の細胞や組織の成長・増殖を促進する情報を伝える物質です。
「増殖因子」「細胞成長因子」又は「細胞増殖因子」と呼ばれる場合もあります。

このTGF-βが「髪の毛の成長期を短くしろ」という命令を発し、髪の毛がハゲ始めます。


DHTがどれだけTGF-βになりやすいかは「アンドロゲンレセプターの感受性」によります。



フィナステリドという成分が、テストステロン+5αリダクターゼII型→DHT(ジヒドロテストステロン)のステップを防いでくれます。
フィナステリド錠には、プロペシア、フィンペシア、フィナロなどがあります。

これらの薬により、AGA(男性型脱毛症)の進行はほぼ100%に近い確率で抑制することができます。
つまり、余程のことがない限り、今以上はハゲなくなる訳です。

勘違いしないで頂きたいのは、これらフィナステリド錠だけでは、髪の毛は生えてこないということです。
ミノキシジルなどと併用しないと、髪の毛は生えてきません。

フィナステリド錠のプロペシアとフィンペシアは、下の画像をクリックすると商品の販売ページに飛びます。
興味がありましたら、ご覧になって下さい。
あと、薬を使用する時は、注意事項を必ず守って下さい。






AGAを発症したら、その原因を取り除くのが最優先です。

これをやらない事には、AGAの治療は進みません。


AGA(男性型脱毛症)を発症している人は、日本で1,700万人以上います。
日本人男性(15歳以上)の32%がAGAを発症しています。

詳しく知りたい方はこちらの記事「AGAの発症率は、日本人男性(15歳以上)の32%!」をご覧下さい。


AGA(男性型脱毛症)は決して珍しいものではありません。
多くの人が悩んでいます。

一緒に頑張ってAGAを治しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック