ミノキシジルとは?その効果と副作用について

最も発毛効果のある育毛剤は?
髪の毛が薄くなり始めた人は知りたい質問だと思います。

答えは、「ミノキシジル」が配合された育毛剤です。
医薬品に指定されています。

私も使用しています。
下の写真が現在使用している「フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]」という育毛剤です。
塗り薬(外用薬)で、ミノキシジルの濃度は5%です。
個人輸入で購入しています。


20180110.JPG


ミノキシジルとは、薬の名前ではなく、薬の成分の名前です。
元々、血管拡張剤として開発された成分です。
その後、発毛効果があることがわかり、育毛剤に使用されるようになりました。


ミノキシジルが配合されている育毛剤は数種類あります。
多くの育毛剤は男性専用ですが、一部、女性専用や男女兼用のものもあります。
ミノキシジルの濃度が同じなら、発毛効果はどの育毛剤もほとんど同じです。

初めてミノキシジルが配合された育毛剤は「Rogaine(ロゲイン)」です。
アメリカ合衆国で1980年代から販売されており、2018年1月現在も販売されています。
日本では、大人の事情?で、Rogaine(ロゲイン)という名前で販売することはできません。

その代わりとして、大正製薬から「リアップ®シリーズ」として市販されています。
リアップに使用されている成分は、Rogaine(ロゲイン)とほとんど同じです。
両者は、事実上同じ育毛剤と言えます。

ミノキシジルには、飲むタイプ(内服薬)もあります。
塗るタイプ(外用薬)より効果があります。
しかし、副作用が発生する確率も高いです。
できれば使用しない方がいいでしょう。







ミノキシジルには2つの特徴があります。

ミノキシジルの特徴
①強力な発毛作用があること
②脱毛症を抑制するできないこと



ミノキシジルは、2018年1月現在、最も発毛作用の強い成分です。
その発毛効果は、臨床データで証明されています。
しかし、ミノキシジルについては解明されていない部分が多いです。

厳密に言えば、ミノキシジルに発毛作用はありません。
ミノキシジルが体内に入ると、体内にある硫酸転移酵素により「硫酸ミノキシジル(minoxidil sulphate)」に変換されます。
この硫酸ミノキシジルに強力な発毛作用があります。
その理由のひとつとして、頭皮の硫酸転移酵素活性が高い人ほど、ミノキシジルの効果が高かったという臨床データがあります。

なぜ、ミノキシジルに強力な発毛作用があるのか?
実はまだ解明されていません。

ネット検索すると、「ミノキシジルにより、血流が良くなり発毛効果がある」と書かれているサイトが多いです。
全く関係ないとまでは言いませんが、一般的に言われているほど、血行と発毛に因果関係はありません。
その理由のひとつとして、高血圧の血管を拡張させる薬(カルシウム拮抗薬やACE阻害薬など)に発毛作用は全くありません。
ミノキシジルに発毛作用がある理由は、前述の血行改善説の他にも、プロスタグランジン説、毛細血管説、カリウムチャネルオープナーなどがあります。
しかし、現時点ではどの説もエビデンス(科学的根拠)はありません。
つまり、よく分からないのです。


ミノキシジルでは、脱毛症の発症・進行を抑制することはできません。

脱毛症にはいくつかの種類があります。
発症者の多い順に、AGA(男性型脱毛症)びまん性脱毛症(女性型脱毛症)円形脱毛症になります。
この3種類の脱毛症で、脱毛症全体の90%以上と言われています。

脱毛症には発生原因があります。
AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の増加です。
びまん性脱毛症(女性型脱毛症)や分娩後脱毛症(出産後脱毛症)
は、女性ホルモンの減少又はバランスが崩れたことが主な原因です。
円形脱毛症は最も不明なことが多い脱毛症ですが、自己免疫疾患が大きく関与していると言われています。
その他の脱毛症に関しても、何らかの原因があるから発症するのです。

ミノキシジルだけでは、これらの脱毛症の発症原因を抑制することは不可能です。
脱毛症の発症原因を抑制するタイプの育毛剤と併用することにより、脱毛症の治療に対して相乗効果を発揮するのです。
ミノキシジルは、特にAGA(男性型脱毛症)に治療に効果を発揮します。







ミノキシジルは多くの脱毛症に対して効果があります。
ただし、一部効果がない脱毛症や、状態によっては効果が限定的になる場合もあります。

ミノキシジルは、特にAGA(男性型脱毛症)に対して効果があります。
フィナステリド又はデュタステリドと併用することにより、相乗効果を発揮します。
フィナステリドとデュタステリドには、AGAの発症を抑制する作用がありますが、発毛作用はありません。

一方、円形脱毛症に対しては効果が少ない場合が多いです。
個人差があるので一概には言えませんが。
円形脱毛症で効果のある治療法は、ステロイド局注局所免疫法です。
あと、円形脱毛症はどのような治療法がよいのか、自己判断が難しい脱毛症です。
治療は皮膚科医の指示に従っておこなって下さい。





2018年1月現在、薬局やドラッグストアで購入できるミノキシジル配合の育毛剤は、「リアップシリーズ」のみです。
その他のミノキシジル配合の育毛剤を購入する時は、処方箋が必要、又は、個人輸入する必要があります。


下の図は、リアップX5の製造元である大正製薬が公開している「承認申請時添付データ」です。
承認申請時添付データとは、厚生労働省に医薬品の申請をする時に提出するデータです。
リアップX5のミノキシジル濃度は5%です。


20180114.jpg
参照:大正製薬


この臨床データはリアップX5を被験者に長期投与(52週)した結果を医師が評価したものです。
4週間毎に、「著明改善」「中等度改善」「軽度改善」「不変」「悪化」の5段階の評価をまとめています。

24週間経過時点で、「軽度改善」「中等度改善」「著明改善」をあわせて8割近くになっています。
約半年使用すれば、多少の効果が得られる可能性が高いという訳です。

52週間経過時点では、「軽度改善」「中等度改善」「著明改善」をあわせて、実に9割以上に改善が見られます。
ただし、「著明改善」は13.3%しかいないので、過度の期待は禁物です。


リアップX5の副作用発現率

症例数・・3,072例
副作用・・271例 (8.82%)

情報元:薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会



リアップX5の副作用に関しては、外部機関のデータからです。
厚生労働省の「薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会」からのものになります。

副作用の大部分は、適用部位そう痒感や適用部位発疹などです。
つまり、リアップX5をつけた部分に発生した頭皮トラブルになります。
重篤な副作用として心不全が1件ありましたが、リアップX5の使用と直接的な因果関係があるかは不明です。

副作用の大部分は軽度なものです。
あと、初めて使用する時は、規定量より少量で使用して様子をみた方がいいでしょう。
その方が、副作用が酷くなることを抑えることができます。

ちなみに、リアップX5の製造元である大正製薬が公開している「承認申請時添付データ」では、「副作用率は8.0%」となっています。

日本の臨床データではありませんが、ミノキシジルは濃度が高くなるほど副作用が発生しやすくなるという結果がでています。
初めて使用する場合は、男性ならミノキシジル濃度5%がいいでしょう。


20161209.jpg


リアップX5の効果や副作用は、アメリカ合衆国で販売されている元祖ミノキシジル配合育毛剤「ロゲイン(Rogaine)5%」とほとんど同じです。
まあ、両者は事実上同じ育毛剤で、成分も非常に似ているので当たり前のことです。

リアップやロゲイン(Rogaine)5%よりも、確実に副作用が少ないと言われているのは、「フォリックスFR05ローション[ミノキシジル5%]」です。
副作用を抑えるための成分や技術が導入されています。
私はこの育毛剤を使用しています。

これらの育毛剤は、下の画像バナーをクリックすると商品ページに移動し、そこから購入することができます。








最後に、ミノキシジルについて要点をまとめました。


ミノキシジル

・育毛剤に使用されている成分の名前
・2018年1月現在、1番発毛効果のある成分
・濃度が高いほど効果があり、副作用も発生しやすい
・男性用と女性用がある(一部兼用もあり)
・脱毛症の発生原因を抑制することはできない
・脱毛症の発生原因を抑制できる育毛剤との併用が効果的
・特にAGA(男性型脱毛症)の治療に効果あり



ミノキシジルは脱毛症の発生原因を抑制することができないため、主役というより、補助的な育毛剤です。
しかし、ミノキシジルの登場により、脱毛症の治療は大きく前進しました。

何事もそうですが、わき役というのは意外と重要です。



最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事へのコメント

  • satoshi

    初めてコメントします。
    いろいろ参考になりました。
    現時点では、フィナステリドとミノキシジルで治療するのがAGA治療では有効ということでしょうか?
    2016年09月27日 17:08
  • taka

    satoshi様

    コメントありがとうございます。

    おっしゃるとおり、ミノキシジルとフィナステリドはセットで相乗効果があります。

    これから日本でも、ミノキシジルやフィナステリドを主成分とする薬が増えてくのではないのでしょうか。
    2016年09月27日 22:07

この記事へのトラックバック