【薬の基礎知識6/7】薬にも使用期限があるの?

今回は『薬の基礎知識』の第6回目です。


家にあった古い薬。
何げにそのまま使ってしまった事はありませんか?

学校で水泳の授業の後にさす目薬とか、虫に刺された時の「かゆみ止め」とか、お腹が痛くなった時に飲む正露丸とか・・・
古い薬を使ってしまった事のある人は多いと思います。
私も小学校の時、去年使っていた目薬を使用してしまった記憶があります。


20180523.png


薬には使用期限があります。
使用期限を過ぎた薬を使用する事は、絶対にやめて下さい。

薬は使用期限が過ぎると、品質が保証できなくなり、本来の薬の効果が薄れてしまったりします。
また、薬の種類によっては、体に悪影響を与える場合も十分に考えられます。

古い薬を見つけたら、安全性が確認できない時は、そのまま捨ててしまった方がいいでしょう。
とにかく、よくわからない場合には、捨ててしまった方が確実です。







薬の使用期限は、その種類により違いがあります。
一般用医薬品(薬局やドラッグストアで販売している医薬品)より、処方箋医薬品(医師の処方箋を必要とし、薬剤師による調剤によって処方される医薬品)の方が短い傾向があります。


処方箋医薬品のなかには、使用期限がすごく短い薬もあります。
代表的なものは、薬局で調合された粉薬で、風邪薬などに多いです。
医師から処方される薬の多くは、すぐに使用することを前提としています。

あと、処方箋医薬品は市販されている医薬品より強力な薬が多いです。
安全に使用するためにも、使用方法や使用期限、注意事項などを確認してから使用して下さい。


20180523.2.jpg
ストッパ下痢止めEX(ライオン)


薬にはその使用期限について、法律で記載を義務付けているものと、そうでないものがあります。
薬局やドラッグストアで販売されている薬の多くには、上の写真のように、外箱に使用期限(有効期間)が印刷してあります。
なお、記載のないものについては、3年程度が目安と言われています。

ただし、この3年という使用期間は、開封せずに正しく保管している場合に期間になります。

市販されている医薬品は、「一定の条件」のもとで、未開封の状態なら、製造してから3年程度は保存できるように、品質を確認する試験をおこなっています。
「一定の条件」は薬ごとに少し違いはありますが、温度は1℃~30℃、湿度は高くなく、直射日光(紫外線)があたらない状態のことです。

あと、薬は一度開封してしまうと、分解速度が早まり、品質や性状の変化が早まってしまいます。
開封後半年を過ぎてしまった薬は使わない方がいいでしょう。


20180523.3.PNG
正露丸(大幸薬品)


前述したとおり、市販されている医薬品の使用期間はだいたい3年くらいですが、薬の種類によっても異なります。
身近な薬では、正露丸やオロナインH軟膏などは、5年~6年程度と長めです。
一方、シロップや液剤などの使用期間は短めです。


20161011.3jpg.png


目薬は開封後、劣化しやすい薬です。
水分が多く、雑菌やカビが増殖しやすいという特徴があります。

目薬は、片づけや掃除をしていると、出てくることがよくあります。
知らずに使用して、トラブルが発生するケースも多いです。
数か月使用していないものは、捨ててしまった方が確実です。

目薬を開封したら、その日付を書いておくことをお勧めします。
目薬は最も品質劣化によるトラブルが発生しやすい薬ですから。



薬の基礎知識は7回シリーズです。
他の記事に関しては以下にまとめてありますので、よかったらご覧になって下さい。


薬の基礎知識全7回

【薬の基礎知識1/7】『薬』ってなに?

【薬の基礎知識2/7】薬はいつ飲むの?『食間』『1日1回』『必要に応じて』どういう意味?

【薬の基礎知識3/7】薬を飲み忘れたときはどうする?

【薬の基礎知識4/7】薬は水で飲むの?水の量はどのくらい?

【薬の基礎知識5/7】薬と食品の相互作用?グレープフルーツと納豆は要注意!

【薬の基礎知識6/7】薬にも使用期限があるの?←この記事

【薬の基礎知識7/7】薬の保存方法について



最後まで読んで頂きありがとうございました。




この記事へのコメント

  • satoshi

    去年の12月にカゼをひいて薬局で購入した薬があります。

    やはり飲まない方がいいですか?
    2016年10月14日 17:10
  • taka

    satoshi様

    コメントありがとうございます。

    去年の薬なら使わない方が確実ですね。
    医者の処方箋はダメですが、市販の薬は使える場合もあります。
    ただ疑心暗鬼で使うなら、使わない方がいいです。
    2016年10月14日 20:00

この記事へのトラックバック