髪の毛に悪い食べ物、ラーメンは要注意!【修正】

この記事は2016年10月17日に書いたものです。
2017年10月31日に大幅に修正しています。
事実と異なる事を書いてしまったからです。

ラーメンは特別に育毛に悪い食べ物という訳ではなかったからです。(追加)



脂っこいもの、塩分の多いもの、糖分の多いもの、冷たいものは、髪の毛に悪影響を与える場合が多いです。
ラーメン、ハンバーガー、冷たい清涼飲料(ジュース)、アイスなどは脱毛原因になる可能性があります。

これらの食べ物は、「絶対に食べてはいけない!」というわけではなく、食べ過ぎたり、飲みすぎたりすると、髪の毛や体に悪影響を与えるということです。



特定の食べ物により髪の毛が薄くなるというエビデンス(科学的根拠)はありません。
様々な論文を調べてみましたが、そのような報告はありませんでした。

少なくとも、特定の食べ物が脱毛症の直接的な原因になることはありません。
ただし、余りにも偏った食生活により体を壊してしまったら、間接的に脱毛症の原因になるということはあるでしょう。(追加)



まず、「脂っこいもの」についてです。

脂質を過剰にとると、皮脂の過剰分泌をまねいてしまう可能性があります。
血行不良にもなり、髪に必要な栄養が運ばれなくなってしまいます。
血行不良は髪に栄養が送られなくなってしまうため薄毛につながってしまいます。
また、肥満にもなりやすくなってしまい、内臓の働きが悪くなってしまいます。

まったく脂っこいものをとらないというのも問題があります。
脂っこいものは「ほどほどに」が理想です。


次に、「塩分の多いもの」についてです。

塩分を大量に摂取すると、高血圧を発生させるリスクを高めます。
高血圧になってしまうと血行不良をおこし、髪にうまく栄養がいかなくなってしまいます。
ちなみに、高血圧の原因の約50%が塩分の取りすぎです。
私もそうなので偉そうなことは言えませんが・・・

塩分を摂りすぎていても高血圧にならない人がいます。
高血圧にならない人は内臓にダメージをうけています。
このダメージを回復するために、内臓はさまざまな栄養素を使います。
このため、髪の毛を生やすために必要な栄養素が不足してしまいます。


次は、「糖分の多いもの」についてです。

糖分は多少の摂取は問題ありませんが、大量にとると問題が発生します。

糖分は体内で分解される時にビタミンBを多く消費します。
ビタミンBには、皮脂の分泌量を調整する効果があります。
ビタミンBが不足すると「多くの皮脂を分泌する」といるリスクが高まります。

さらに、糖分を多く摂取すると血糖値を上昇させます。
そうなると、血液はドロドロになり、血行不良をおこします。


最後に、「冷たいもの」についてです。

冷たいものを多くとると、血行不良になりやすくなります。
普段から肩こりや冷え性などの血行不良の症状がある人は注意が必要です。



20161018.jpg


理論上は、「脂っこくて塩分の多いもの」が髪の毛に最も悪い食べ物ということになります。
私が最も髪の毛に悪いと思う食べ物はラーメンです。

このほかにも、過剰摂取には注意を払わなければいけない食べ物もあります。
「清涼飲料(ジュース)は1日1本、アイスは1日1個まで」
できれは、これも守った方が、髪の毛にとってはいいです。



ラーメンを食べても髪の毛が薄くなるというエビデンス(科学的根拠)はありません。
普通に食べてOKです。

以前は、私もこの都市伝説を信じて、ラーメンを食べるのをやめていました。
今は普通に食べています。

髪の毛が薄くなるのは、食生活よりも、遺伝による影響の方が遥かに大きいのです。
無慈悲なことですが。(追加)








脱毛症にはいくつかの種類があり、それぞれの脱毛症ごとに発生原因が違います。
だから、治療方法も脱毛症ごとに違うのです。
もちろん、使用する育毛剤も違います。


最も多い脱毛症がAGA(男性型脱毛症)という脱毛症です。
成人男性の脱毛症の90%以上はこのAGAです。

AGAの特徴は、前頭部か頭頂部、又は、その両方の部位が薄くなり始めます。
そして、側頭部や後頭部の髪は薄くはなりません。
サザエさんの磯野波平のような感じにハゲあがります。

AGAは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが増加することにより、髪の毛が薄くなっていきます。
DHTは人間の体内でつくられている男性ホルモンです。
なぜか、前頭部と頭頂部に集中的にあります。

AGA(男性型脱毛症)は自然に治ることはありません。

最も現実的なAGAの治療方法は、プロペシアやフィンペシアなど医薬品の使用による治療です。
AGAの原因であるDHTの増加を抑え、通常の濃度まで下げてくれます。
下の画像をクリックすると、プロペシアやフィンペシアのページに飛びます。(追加)









脱毛症はその種類ごとに治療方法が違います。
AGA以外の脱毛症なのに、プロペシアやフィンペシアを服用してもまったく効果はありません。


自分の脱毛症がどの種類なのか判断できない時には、専門のクリニックで診てもらって下さい。
医師に診てもらって下さい。
そして、脱毛症の種類にあった適切な処置をして下さい。
薄毛を治したいなら、その原因をなるべく早く特定し取り除くことが絶対条件です。


髪の毛が薄いのは食生活の改善では治りません。
改善するためには、根拠のない食事制限をするよりも、実績のある医薬品などによる治療が必要なのです。

ただし、脱毛症が進行してしまったら、医薬品だけでの治療では非常に難しくなってしまいます。
脱毛症も他の病気と同じで、治すためには早期発見&早期治療が必要なのです。


この記事は、ほとんどの部分を治したので、完全に別の記事になってしまいました。
本来なら書きなおした方がスッキリして良いのですが、誤った情報を書いてしまった反省の意味を込めて、このままの状態にしておきます。

このブログは、正しい情報を発信することを目的にしていますから。(追加)



最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事へのコメント

  • oguri

    ラーメン大好きでよく食べます。

    だからハゲてしまったのか・・・
    2016年10月18日 03:01
  • taka

    oguri様

    コメントありがとうございます。

    ハゲる原因は一つではありません。
    いろいろな原因が考えられます。

    ただ、ラーメンの食べすぎは良くないです。
    メンだけでなくスープまで飲む場合は特に良くないです。
    2016年10月18日 09:07

この記事へのトラックバック