【治療68日目】アミノ酸系シャンプーを買う

こんにちは、takaです。

今日でAGAの治療を始めて68日目になります。


今日は、使っているシャンプーがなくなりそうので、新しいシャンプーを買ってきました。

アミノ酸系シャンプーです。

最近は、このアミノ酸系シャンプーを使っています。

20161109.1.jpg

シャンプーは水と油を混ぜて作られます。
もちろん、水と油はなかなか混ざり合うことができません。
これを混ぜるために、『界面活性剤』というものを使っています。

アミノ酸系シャンプーとは、界面活性剤に、主にアミノ酸系の成分を使用しているシャンプーのことです。

代表的な成分には、ココイルグルタミン酸・ヤシ油脂肪酸・ラウリン酸などがあります。

アミノ酸『系』シャンプーというのは、「界面活性剤がアミノ酸からできている」という意味ではありません。
正確には、「界面活性剤に最も多く使われている成分がアミノ酸」という意味です。


アミノ酸系シャンプーのメリットは、「頭皮に負担をかけないこと」と「頭皮に潤いを与えること」です。

人の体は約60%が水分です。
そして、残り40%のうちの約半分、約20%がタンパク質です。

食物から摂取したタンパク質は、消化の過程で『アミノ酸』に分解され吸収されます。
その後、再びタンパク質となり、体を構成します。

アミノ酸系シャンプーは、アミノ酸から作られるた界面活性剤が主成分です。

このような理由から、アミノ酸系シャンプーは人の体に優しく、頭皮に負担をかけることは『ほとんど』ありません。


アミノ酸系シャンプーは洗浄力が優しく(弱く)「皮脂を洗い落とし過ぎない」ということも、メリットのひとつです。

頭皮には『適度の皮脂』は必要です。

皮脂が必要以上に少なくなると、保湿効果が失われてしまい、頭皮が乾燥します。
これが様々なトラブルの発生の原因になります。

アミノ酸系シャンプーの場合は、シャンプーの後も『適度な皮脂』を頭皮に残すことができ、頭皮に潤いを与えてくれます。


もちろん、デメリットもあります。

アミノ酸系シャンプーのデメリットは、「洗浄力が弱いこと」です。

ポマードやヘアワックスなどの整髪量を使った場合や、皮脂の分泌量が多かった場合などは、1度洗いでは落ちないこともあります。
そのような場合は、2度洗いが必要になることもあります。
もちろん、頭皮への負担が少ないので、2度洗いしても大丈夫です。


シャンプーやコンディショナー(リンス)、トリートメントは、「洗浄力があまり強くないもの」「刺激があまり強くないもの」を使うようにしています。


これからは、アミノ酸系のシャンプーやトリートメントが増えてくると思います。


ご覧頂きありがとうございました。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック