爆毛根ローション(Bakumokon)、進化したミノキシジル配合育毛剤

発毛効果があり、副作用も発生しにくい育毛剤は?
脱毛症の種類や状態、性別などによって使用する育毛剤は異なるので一概には言えませんが・・・

男性の場合は、「爆毛根ローション(Bakumokon)」が発毛効果があり、副作用もでにくい育毛剤だと思います。
「ばくもうこんローション」と読みます。
アメリカ合衆国のDS Healthcare社(DAヘルスケアー社)が製造・販売している育毛剤です。

爆毛根ローション(Bakumokon)は、主にAGA(男性型脱毛症)に対して効果のある育毛剤です。
単独で使用した場合、その効果は限定的です。
抗アンドロゲン剤との併用が必要不可欠です。


20170407.1.PNG
爆毛根ローション(Bakumokon)[5%] 【1箱30mlx2本】


爆毛根ローション(Bakumokon)について説明する前に、「AGA(男性型脱毛症)」と「抗アンドロゲン剤」について説明します。
基本的な事を知らないと、爆毛根ローション(Bakumokon)の効果や副作用について知ることができないからです。
面倒かもしれませんが、薄毛を治すためには必要不可欠な知識です。







脱毛症には、いくつかの種類があります。
そのうち、最も発症者の多いのは「AGA(男性型脱毛症)」です。
前頭部と頭頂部の髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。

AGA(男性型脱毛症)はその名のとおり、男性が発症しやすい脱毛症です。
15歳以上の日本人男性の32%はAGAを発症している」という調査結果もあります。
成人男性の薄毛の少なくとも90%以上は、AGAが原因によるものです。
一方、女性がAGAを発症して髪の毛が薄くなることは滅多にありません。


AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが大きく関与した脱毛症です。
以下のメカニズムで発症します。

AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズム

①男性ホルモン「テストステロン」と酵素「5αリダクターゼ」が結合すると、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」がつくられる

②DHTが受容体「アンドロゲンレセプター」に結合すると、成長因子「TGF-β」がつくられる

③TGF-βが髪の毛が抜けるように指令をだし、ヘアサイクル(髪の毛の寿命)が短くなる


AGA(男性型脱毛症)は、髪の毛の寿命を短くする脱毛症です。
DHTやTGF-βが増加するほど進行し、髪の毛が薄くなっていきます。

DHTとTGF-βは、前頭部と頭頂部に集中的に存在しています。
AGAを発症すると、前頭部と頭頂部の髪の毛が薄くなっていくはこのためです。


2008.08.png


AGA(男性型脱毛症)の治療は、その発症原因を抑制することが最優先されます。
最も一般的な治療法は、抗アンドロゲン剤の内服です。
内服薬なら、ほぼ100%に近い確率で、AGAの進行を抑制することが可能です。
一方、抗アンドロゲン剤は外用で使用されていることもありますが、その場合はAGAの進行を抑制することはできません。

AGAの治療で使用される抗アンドロゲン剤(内服薬)には、フィナステリドデュタステリドがあります。
これらは、薬の名前ではなく、薬に使用されている成分の名前です。
「フィナステリド錠」とか「デュタステリド錠」と呼ばれており、それぞれ数種類の薬が存在します。
どの薬も主成分は同じなので、効果や副作用はほとんど同じです。

フィナステリド錠には、プロペシアフィンペシアフィナロイドなどがあります。
デュタステリド錠には、ザガーロやアボルブ、デュプロスト、ベルトリドなどがあります。
これらの錠剤を1日1錠服用することにより、AGA(男性型脱毛症)の発症・進行を抑制することが可能です。

ただし!

フィナステリドやデュタステリドに、発毛効果はありません。
このため、AGA(男性型脱毛症)の治療を効果的におこなうためには、発毛作用のある育毛剤を併用する必要があるのです。

AGA治療の治療を効果的におこなうための2種類の育毛剤

AGA抑制作用:フィナステリド内服、又は、デュタステリド内服
発毛作用:ミノキシジル外用


AGA(男性型脱毛症)の治療は、「AGAの進行を抑制作用のある育毛剤」と「発毛作用のある育毛剤」の2種類のタイプの育毛剤を同時に使用する必要があるのです。


2018年1月現在、最も発毛効果があるのは「ミノキシジル」です。
臨床データにより証明されています。
ミノキシジルとは、薬の名前ではなく、薬に使用されている成分の名前です。

ミノキシジルが使用されている育毛剤は何種類かあります。
このなかで最も最新の技術が使用されているのが、爆毛根ローション(Bakumokon)なのです。







爆毛根ローション(Bakumokon)は、ミノキシジルが主成分の塗るタイプの育毛剤です。
男性専用で、女性は使用してはいけません。
2018年1月現在、4種類のラインナップがあります。

爆毛根ローション(Bakumokon) ラインナップ
・爆毛根ローション(Bakumokon)[5%] 【1箱30mlx2本】
・爆毛根ローション(Bakumokon)5% 【1箱5mlx12本】
・爆毛根ローション(Bakumokon)[7%] 【1箱30mlx2本】
・爆毛根ローション(Bakumokon)7% 【1箱5mlx12本】


「爆毛根ローション(Bakumokon)[5%] 【1箱30mlx2本】」と「爆毛根ローション(Bakumokon)5% 【1箱5mlx12本】」の中身は全く同じものです。
「爆毛根ローション(Bakumokon)[7%] 【1箱30mlx2本】」と「爆毛根ローション(Bakumokon)7% 【1箱5mlx12本】」の中身は全く同じものです。

育毛剤1本あたりの容量が、「30ml」と「5ml」のものがあります。
30mlの方はスプレータイプで、頭皮の脱毛部位に散布します。
5mlの方はカートリッジタイプで、専用の「爆毛根トリガー」というものが入っており、これに「爆毛根カートリッジ」を取り付けて使用します。
下の画像が、「爆毛根カートリッジ」と「爆毛根トリガー」になります。


20170406.1.PNG


爆毛根ローションの中身は、ミノキシジルの濃度の違う「爆毛根ローション(Bakumokon)5%」と「爆毛根ローション(Bakumokon)7%」の2種類があります。
それぞれに含まれている成分は、以下のとおりです。

爆毛根ローション(Bakumokon)5%
・ミノキシジル5%、デュタステリド0.1%、オキシトシン0.01%

爆毛根ローション(Bakumokon)7%
・ミノキシジル7%、デュタステリド0.1%、オキシトシン0.01%


どちらも成分は3種類しか使用されていません。
以下、それぞれの成分について説明します。


まずは、「ミノキシジル」についてです。

2018年1月現在、ミノキシジルは最も強力な育毛作用のある成分ですが、その作用メカニズムは解明されていない部分が多いです。
様々な臨床データから、最も発毛作用が強い成分であることは間違いありません。
AGA(男性型脱毛症)の治療に必要な成分のひとつと言えます。
有名なリアップもミノキシジルが主成分です。

ミノキシジルは医薬品指定されています。


次は、「デュタステリド」についてです。

デュタステリドは、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制する成分です。
DHTを抑制することにより、AGA(男性型脱毛症)の進行を抑制することができます。
ただし、AGAの進行を完全に抑制することが可能なのは、現時点では内服薬のみです。
爆毛根ローション(Bakumokon)に使用されているデュタステリドのみでは、AGAの進行を抑制することは不可能です。
内服薬のフィナステリド錠かデュタステリド錠の併用が必要です。

デュタステリドも医薬品指定されています。


最後に、「オキシトシン」についてです。

オキシトシンは、人間の脳(正確には「脳下垂体」)から出されるホルモンです。
「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」、「信頼ホルモン」などと言われています。
オキシトシンには、ストレスを緩和したり、不安や恐怖を減らしたり、幸せな気分になる効果があります。
髪の毛に関しては直接の効果はありませんが、体をリラックスした状態にしてくれます。

もちろん、オキシトシンも医薬品指定されています。


更に、爆毛根ローション(Bakumokon)には、「Liposphereテクノロジー」(リポスフィアテクノロジー)という技術が使用されています。

Liposphereテクノロジーは、成分の浸透と吸収を最大化する技術です。
特許技術のため詳細は公開されていませんが、細胞膜と同じ素材の気泡リポソーム(人工膜のカプセル)が成分をカプセル化します。
その結果、成分が浸透しやすくなり、頭皮トラブルも発生しにくくなります。

Liposphereテクノロジーのメリット
①成分の浸透と吸収を最大化させる
②アルコールやプロピレングリコールの使用量を抑えることができる



爆毛根ローション(Bakumokon)は、最近の技術が使用されている進化したミノキシジル配合育毛剤と言えます。
ただし、絶対に髪の毛が生えるという訳ではありません。
そのような育毛剤は存在しないし、これからも開発されることはありません。
今までの育毛剤と比べると、優秀な点が多いということです。







爆毛根ローション(Bakumokon)の使い方と使ってはいけない人については、以下のとおりです。


爆毛根ローション(Bakumokon)の使い方

・頭皮の脱毛した部位に直接、1日2回塗布してください。
・多量に使用しても、あるいは頻繁に使用しても効果はあがりません。
・定められた用法・用量をお守りください。
・1箱で1ヶ月半~2ヶ月分です。


爆毛根ローション(Bakumokon)を使ってはいけない人

・女性の使用は出来ません、男性専用の育毛剤です。
・特に妊娠中、又は、その可能性のある女性は液剤に触れないでください。
・妊娠中の女性については、胎児へのリスクが高いとされておりますので、使用場所や扱いには特に注意してください。



爆毛根ローション(Bakumokon)は、オオサカ堂という個人輸入代行業者のサイトから購入することができます。
下の画像バナーをクリックすると、商品ページが開きます。
商品ページには、実際に爆毛根ローション(Bakumokon)を使用した人の口コミが書かれており、誰でも見ることができます。
良い意見だけでなく、悪い意見も書かれおり、非常に参考になります。














4種類の爆毛根ローションのうち、1番人気があるのはカートリッジタイプの「爆毛根ローション(Bakumokon)7% 【1箱5mlx12本】」です。
一方、スプレータイプの「爆毛根ローション(Bakumokon)[5%] 【1箱30mlx2本】」は、全く人気がありません。


爆毛根ローション(Bakumokon)の口コミをみると、使用者は他の育毛剤を使っていた人が大部分です。
更に、育毛剤についても詳しい人が多いです。
爆毛根ローション(Bakumokon)は、現時点では「最終的にたどり着く育毛剤」というポジションになっています。

いくつか口コミを紹介させて頂きます。


マニマニ
爆毛根ローション(Bakumokon)7%

いくつか試した商品の中で、自分的には効果が一番実感できたので継続使用しています。
ただ、液漏れやボトル内の量が均一でない感じがしたこともあったので、改善できるとより満足できます。



あいよ
爆毛根ローション(Bakumokon)5%

過去何十年に渡り育毛に努めており、多種多用な外用内服薬を試してきました。今回の爆毛根は皮膚えの吸収性が非常に良く、効果が期待できると思われますが、容器等使用法に改善の余地が有ると思われます。



CC
爆毛根ローション(Bakumokon)7%

ポラリスNR-08から爆毛根に変えて使用2ヶ月目過ぎぐらいですが
(仕事の都合で朝は浸けれない時もあるので)
使用前より薄くなった感じがあります。

これが爆毛根に変えたための初期脱毛なのか、それとも自分には合わないのかのかは分かりません。
(その様なレビューがないとこを見ると自分には効果無しかも?)
とりあえず今しばらく様子を見たいと思います。



はげてない
爆毛根ローション(Bakumokon)7%

ポラリスより変えて使用してます。成分向上とのことですが、まだ実感はしてないです。しばらく使い続けて様子を見ます。すぐ無くなるのがネックですね。2-3日でなくなります。改善されればいい商品かと思います。



他の育毛剤からの変更した人は、あまり効果があがってない人が多いです。
これは、AGA(男性型脱毛症)が進行しているため、仕方のないことではあります。

初めての育毛剤を使用した人は、効果があがっている人がほとんどです。
爆毛根ローション(Bakumokon)は、発売されてから時間が経っていないため、「製造販売後調査のデータ」はありません。
しかし、他のAGA治療薬「ロゲイン」や「カークランド」など比べると、同等以上の効果があることは間違いありません。


あと、口コミを見ていて思った事ですが、育毛剤の入っている容器には改善の必要がありそうです。
使用中に、液漏れをしたり、ボトル内に液が残ったりと不具合が生じる場合があるようです。
この辺の不具合は改善して欲しいものです。


爆毛根(Bakumokon)は最新の技術が集約された育毛剤です。
こらから、ロングセラーの育毛剤になりそうな予感がします。
そのためには、改善して欲しいところもあります。


最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事へのコメント

  • Ryu

    爆毛根ローションを使っている者です。

    この育毛剤は私にはかなり効果がありました。

    1年ほど、フィナステリドとロゲインを使用していましたが、まったく効果がありませんでした。
    むしろ、少し薄くなったくらいでした。

    9ヶ月ほど前に、この爆毛根ローションとデュプロストでの治療に切り替えました。
    使用後1ヶ月ほどしたら、髪の毛が抜けて一時的に薄くなってしまったのですが、その後、信じられないほど生えてきました。

    使用後3ヶ月で違いが実感でき、現在は7割くらい改善しました。
    遠くから見たら、もうハゲているとはわかりません。

    現状でも満足しているのですが、完全回復をめざします!
    2017年04月07日 17:22
  • Ryu

    連続投稿すいません。

    これはあくまで個人的な意見なのですが、爆毛根ローション7%で1箱5mlのタイプが一番効果があるように感じます。

    私はそれを使用しています。
    2017年04月07日 17:26
  • taka

    コメントありがとうございます。

    貴重な実体験、非常に参考になりました。

    やはり、爆毛根ローションはデュタステリドとの併用がいいようですね。
    Ryuさんと同じ事を言っている方が何人かいらっしゃいます。

    これからも、いろいろ教えて頂けるとうれしいです。



    >Ryuさん
    >
    >爆毛根ローションを使っている者です。
    >
    >この育毛剤は私にはかなり効果がありました。
    >
    >1年ほど、フィナステリドとロゲインを使用していましたが、まったく効果がありませんでした。
    >むしろ、少し薄くなったくらいでした。
    >
    >9ヶ月ほど前に、この爆毛根ローションとデュプロストでの治療に切り替えました。
    >使用後1ヶ月ほどしたら、髪の毛が抜けて一時的に薄くなってしまったのですが、その後、信じられないほど生えてきました。
    >
    >使用後3ヶ月で違いが実感でき、現在は7割くらい改善しました。
    >遠くから見たら、もうハゲているとはわかりません。
    >
    >現状でも満足しているのですが、完全回復をめざします!
    2017年04月07日 17:36
  • きょろ

    こんにちわ
    個人輸入はわたしもほかの薬を購入しています
    病院で処方される(自己負担)よりもとても安く手に入りますから
    2017年04月07日 21:49
  • AGA48

    takaさん、コメントありがとうございました。
    爆毛根ローションというものは知りませんでしたが、何だかすごく良さそうですね。気になってきました。
    コメントを寄せている方の効果も素晴らしかったようですし。
    時間があるときに、どんなものか確認してみたいと思います。
    貴重な情報をありがとうございました。
    2017年04月07日 22:57
  • taka

    コメントありがとうございます。

    個人輸入は、薬を安く購入することができるからいいですね。
    ヽ(*^^*)ノ

    ただし、自己責任なので、薬や体、病気などに関する正しい知識がないと危険な場合もありますね。


    >きょろさん
    >
    >こんにちわ
    >個人輸入はわたしもほかの薬を購入しています
    >病院で処方される(自己負担)よりもとても安く手に入りますから
    2017年04月08日 01:03
  • taka

    コメントありがとうございます。

    「この爆毛根ローションで、絶対に髪の毛がはえるのか?」
    と言われると、さすがに?ですが・・・

    少なくとも試してみる価値はあります。
    デュタステリドと併用することにより、相乗効果が期待できます。



    >AGA48さん
    >
    >takaさん、コメントありがとうございました。
    >爆毛根ローションというものは知りませんでしたが、何だかすごく良さそうですね。気になってきました。
    >コメントを寄せている方の効果も素晴らしかったようですし。
    >時間があるときに、どんなものか確認してみたいと思います。
    >貴重な情報をありがとうございました。
    2017年04月08日 01:07

この記事へのトラックバック