頭皮の紫外線対策

紫外線は非常に厄介なものです。
できる事なら、なるべくあたりたくないものですね。


20170212.4.png
参照:気象庁


光は波長により、「赤外線」「可視光線」「紫外線」に分けられます。

可視光線とは、ヒトの目で見える光のことです。
これより波長の長い光が赤外線、短い光が紫外線です。


紫外線には、「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3種類があります。
このうち、地上まで届く紫外線は、UV-AとUV-Bです。

UV-Cは地上まで届きません。
オゾン層を通過することができないからです。
UV-Cは強い殺菌作用があり、生体に対する破壊性が最も強く、光のなかで1番恐ろしいものです。



私たちが普段浴びている太陽光線に含まれている紫外線は、「UV-A」と「UV-B」です。


UV-Aは「光老化」と言う皮膚の老化現象を発生させます。
肌の弾力はなくなり、たるみやシワなどの原因になります。

UV-Aは、浸透性が非常に高い紫外線です。
曇っていても弱くなることはなく、窓ガラスも関係なく通過します。
このため、皮膚の深い部分まで浸透します。


UV-Bは細胞にダメージを与えます。
シミや皮膚ガンなどの原因になります。
一般的には、UV-Bの方が怖いと言われています。

UV-Bを大量に浴びると、皮膚は火傷をしたのと同じような状態になります。
また、皮脂膜は酸化しやすくなり、様々な皮膚トラブルが発生しやすい状態になります。

UV-Bを浴び続けると、体はUV-Bからのダメージを少なくするため、大量の皮脂を分泌させるようになります。
暑い地方の人たちの肌に皮脂が多いのは、UV-Bによる細胞の破壊を防ぐためです。
UV-Bを浴び続けると、皮膚は脂っぽい体質に変化していくのです。







紫外線対策は、「紫外線を浴びないこと」を第一に考えます。
頭皮の紫外線対策についても同じです。
昔からおこなわれている古典的?な方法が、非常に有効なのです。


頭皮の紫外線対策の主な方法は、以下のとおりです。

1.日陰にいる
2.日傘を使う
3.帽子をかぶる
4.髪・頭皮専用の日焼け止めスプレーを使う
5.飲む日焼け止めを服用する


20170704.JPG


1.日陰にいる

日向(ひなた)と日陰(ひかげ)では、日陰の方が少ないです。
日陰での紫外線量は、日向と比べると、晴れている時は50〜60%くらい、薄曇りの時は70〜80%くらいの紫外線量となります。

日陰での紫外線量は、場所によってもかなり異なります。
その理由は、紫外線には「散乱光(ひかりさんらん)」という一度物体にあたった紫外線を周囲に放出する現象が発生するからです。

紫外線の多い時間対はAM10:00~PM2:00くらいになります。
直射日光にあたるのは、この時間帯は避けた方がいいです。



2.日傘を使う

最近市販されている日傘のほとんどは「UVカット対策」が施されています。
一応、購入する前に確認して下さい。

日傘は邪魔にならないのなら、大きいものの方が良いです。
大きめの傘の方が全身を直射日光から守ることができるからです。

色は特別にこだわりがないのなら、黒色の方が良いです。
黒色は、紫外線の透過率が最も低い色だからです。

色の違いによる紫外線の透過率
 白・・約19.3%
 黒・・約1.6%



3.帽子をかぶる

頭頂部は体のなかで、最も紫外線を浴びる部分です。
直射日光があたらないだけでも、頭皮トラブルが発生するリスクは格段に低くなります。

上の写真は、私の麦わら帽子です。
最近、外出する時に使用しています。
野球帽などより通気性が良く、なかなか快適です。

最近では、紫外線対策専用の帽子もあります。
紫外線カット率が95%以上という商品もあります。

ここで勘違いしない頂きたいのが、直射日光から受ける紫外線の95%以上をカットするということです。
紫外線を95%カットする訳ではありません。

「散乱光(ひかりさんらん)」による紫外線をカットすることはできません。
カットできる紫外線は状況により異なりますが、せいぜい50%程度です。

散乱光とは、窒素や酸素、エーロゾル粒子(固体または液体の微粒子)などにあたり、その進行方向が変化し地上に達する光のことです。
散乱光により、日陰にいても少しは日焼けをします。



4.髪・頭皮専用の日焼け止めスプレーを使う

髪の毛や頭皮に日焼け止めを使用する時には、髪・頭専用の日焼け止めスプレーを使って下さい。

使用方法は、缶を上下によく振り、頭皮から10cm〜20cm離して頭皮全体にムラのないようにスプレーし、手で軽くなじませます。
効果を保つためには、こまめな付け直しが必要になります。

肌の弱い人やアレルギーのある人は、使用する前に腕などに少しだけ吹きかけ、安全性を確認してから使用して下さい。


個人的な意見なのですが・・・

日焼け止めクリームを頭皮に塗ることは、あまりおススメできません。
使用しても悪くはないのですが・・・

鏡などを使っても、頭頂部は日焼け止めを全体にムラなく塗ることが難しいからです。
また、髪の毛に日焼け止めが付着すると、髪の毛が「ベタッ」となってしまい、見た目も良いものではありません。



5.飲む日焼け止めを服用する

市販されているものは効果が弱いものが多いです。
日傘を使ったり帽子をかぶったりと他の紫外線対策と併用しないと十分な効果は得られません。


私の知っている限り、最も効果のある飲む日焼け止めは「ヘリオケア」です。
「ホンマでっか!?TV」でも紹介されました。
アメリカ合衆国のハワイ州では、ドラッグストアなどで大量に販売されています。

主成分の「ポリポディウムレウコトモス(カラグアラ)エキス」には、強力な抗酸化作用があります。
摂取しない時と比べて、紫外線ブロックの指数が56%も上昇したという臨床データがあります。
(紫外線ブロックの指数が60%上昇したという臨床データもあり)
つまり、炎症やシミ、シワなどの皮膚トラブルを抑制する効果が高い訳です。

ポリポディウムレウコトモス(カラグアラ)エキスは、シダ科の植物から抽出した天然エキスです。
副作用が発生した事例は、今まで報告されていません。


用法は、1日1粒を毎朝服用します。

メーカーは3ヶ月以上の継続摂取を推奨しています。
紫外線を浴びる前にだけ飲むという使用方法では効果が薄いようです。

朝1錠、昼に1錠というように、1日に2錠以上飲む人が多いようです。
メーカーはやめるように警告しています。


飲む日焼け止め「ヘリオケア」は、下の画像をクリックすると販売サイトに飛び購入することができます。





ヘリオケアはアメリカ合衆国で人気の飲む日焼け止めです。
知人がハワイに行った時に、ドラッグストアで大量に販売していたのをみて驚いていました。

ヘリオケアには、いくつかの種類があります。
これは一番効果が弱いタイプのものです。
初めて「飲む日焼け止め」を使用する時は、このタイプを使用するのが良いでしょう。


紫外線を浴びて皮膚トラブルをおこした肌は、火傷をしたのと同じような症状になります。
特に、頭皮のトラブルは厄介です。

紫外線を甘くみてはいけません。


最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック