【治療320日目】左上唇にヘルペスができそうな感覚が・・・

こんにちは、takaです。

今日でAGA(男性型脱毛症)の治療を始めて320日目になります。


最近、仕事が忙しいです。
良い事ではあるのですが、毎日ブログを続けるのが大変になってきました。
(;^_^A アセアセ・・・

ブログの記事を書くのに毎回1時間以上かかります。
(記事を書くのが遅いなぁ~)
記事を書く頻度をもう少しゆっくりにしようかと、最近思っています。
(3日に1度くらいのペースに)


恐らく、疲れているせいだと思うのですが・・・

左上唇にヘルペスができそうな感覚があります。
下のイラストの黄色い丸で囲んだあたりです。

見た目には何もわからないのですが、縦にピリピリとした独特の感覚があります。
ヘルペスを何度か経験しているので、できる前に察知できます。
最近では、ヘルペスができるのを1/2以上の確率で回避できるようになってきました。

20170719.jpg
画像引用:素材Library.com


ヘルペスは、ヘルペスウイルスによる感染症です。

ヘルペスウイルスの潜伏率は非常に高く、成人では50%以上と言われています。
年齢が高いほど感染率は高くなり、70歳以上の人はほぼ全員が感染しています。
感染者のほとんどは、自分が感染しているという自覚がありません。

そして・・・

ヘルペスウイルスは一度感染すると治すことはできません。

神経細胞に一生潜伏し続け、抵抗力が落ると増殖を開始し、様々な症状を引き起こします。


ヘルペスウイルスには8種類あり、それぞれで、引き起こされる病気や症状が異なります。
主なヘルペスウイルスにより発生する病気は、以下の通りです。

①単純ヘルペスウイルス1型
口唇(こうしん)ヘルペス、ヘルペス性歯肉口内炎、ヘルペス性角膜炎、カポジ水痘様発疹症(カポジすいとうようほっしんしょう)など

②単純ヘルペスウイルス2型
性器ヘルペス、臀部(でんぶ)ヘルペス、ヘルペス性髄膜炎

③水痘・帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルス
水疱瘡(みずぼうそう)、帯状疱疹


私のヘルペスウイルスは、「単純ヘルペスウイルス1型」です。
唇に発生する場合がほとんどです。

単純ヘルペスウイルス1型は、最も感染者が多いタイプです。
主に上半身に発症し、特に口に発症します。


20170719.2.jpg


私が口にヘルペスができた時、又は、ヘルペスができそうになった時にやる事は、以下の3つです。


1.コーヒーとお茶を飲むのを控える

ヘルペスウィルスは、「アルギニン」というアミノ酸が大好きです。
アルギニンを大量摂取すると、ヘルペスは悪化してしまいます。

アルギニンは人間の体には必要な栄養素です。
摂取が極端に少なくなると、老化が進行します。
だから、まったく摂取しないのではなく、大量に摂取量しないようにします。

アルギニンは肉類、ナッツ類、大豆、玄米、レーズン、エビ、牛乳、チョコレート、カフェインなどの多くの食品に含まれています。

私の場合は、これらの食品のなかで最も多く摂取するのがカフェインです。
肉類や牛乳、チョコレート、ナッツ類はほとんど食べないので。

毎日、コーヒーを2杯~3杯、お茶を5杯~8杯飲むのですが、これをやめます。
飲み物も上の写真のような「カフェインゼロ」のものにできるだけします。
アルギニンの摂取量をかなり少なくできるからです。



2.十分な睡眠をとる

体が疲れているとヘルペスは悪化します。
体の免疫がヘルペスウィルスを駆除する力が弱くなるからです。

十分な睡眠をとって、体に疲れをためないようにします。


3.リジンをとる

ヘルペスウィルスの活動を抑制してくれる栄養素には、リジン、亜鉛、ビタミンC、フラボノイドなどがあります。
このなかでも、リジンが最も効果があります。

リジンはアミノ酸の一種です。
「リシン」と言うこともあります。

リジンは豆類に豊富に含まれているのですが、サプリメントから摂取する方が効果的です。

私が使用しているサプリメントは「ドクターズファーマシーのプレミアムリジン」です。
このサプリは1日当たり8粒が目安なのですが、普段はあまり飲んでいません。
ヘルペスができそうだと感じたら、1日8粒に飲む量を増やします。

興味のある人は下のバナーをクリックして下さい。
商品のページに飛びます。





私のやっているこの対策は、ヘルペスができる前にやるものです。

ヘルペスができてしまったら、やはり病院で診てもらい、薬を処方してもらった方がいいです。
受診する科は以下のとおりです。

皮膚科・・・基本的には皮膚科、部位によっては他の科の方が良い
内科・・・唇の内側、舌、舌の裏、歯茎、喉等
眼科・・・目の下や目の周り
泌尿器科・・・精器(男性)
婦人科・・・精器(女性)

何科を受診すればいいのかわからない時は、まずは「皮膚科」に行って下さい。


残念ながら、成人の多くはヘルペスウイルスに感染しています。
ヘルペスとは、上手くつきあっていくしかないのです。


ご覧頂きありがとうございました。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック