海藻エキスとは、その効果と副作用について

こんにちは、takaです。

今回は海藻エキスとは、その効果と副作用についてです。


名前からして、髪の毛に良そうな感じがしませんか?

化粧水や乳液、シャンプーなどによく使用されいる成分です。
もちろん、育毛剤にもよく使用されています。
最近では、園芸・ガーデニングの肥料にも使用されています。

表示名は、「海藻エキス」や「褐藻エキス」などです。

「海藻エキス(1)」のように数字入りで表示されていることもあります。
この数字が入る場合には、「海藻エキス(1)」から「海藻エキス(5)」までの5種類に分けらます。
これは海藻の種類と抽出方法により分類されているものです。


海藻エキスとは、海藻(肉眼で判別できる海産種群の総称)から抽出したエキスです。

現在、確認されている海藻は約2万種あります。
海藻の種類や抽出方法によっても、その作用には違いがあります。

ただし、すべての海藻が海藻エキスとして使用できる訳ではありません。
育毛剤や化粧品などの成分に使用されている海藻は限られています。


大雑把に言うと、海藻は主にその色から「褐藻(かっそう)類」「紅藻(こうそう)類」「緑藻(りょくそう)類」の3種類にわけられます。

褐藻類・・・ウミトラノオ、コンブ、ヒジキ、モズク、ワカメなど
紅藻類・・・アサクサノリ、テングサなど
緑藻類・・・アオサ、アオノリ、カサノリ、サボテングサなど

海藻エキスは、主に褐藻類から抽出されることが多いです。


20170827.jpg
画像引用:在宅で認知症介護はどこからが限界なのかを検証するブログ


海藻エキスには、保湿効果があります。

これらは、ぼぼすべての海藻エキスに共通した効果です。
効果の程度に多少の差はありますが。


頭皮にとって、いいえ、皮膚にとって保湿というのは大切なことです。

皮膚が乾燥すると、表面の潤いがなくなり、肌は弾力性を失います。
まず、見た目が悪くなります。

更に、皮膚を覆っている皮脂膜(ひしまく)が薄くなり、紫外線や細菌、雨・風などの外部からの刺激に敏感になります。
アトピー症状も発生しやすくなります。

皮脂膜は皮膚を守っている薄い天然のバリアなのです。


海藻エキスには保湿作用があるため、頭皮の環境を良くする効果があります。
顔を洗った後につける化粧水や乳液のような効果です。
頭皮環境を正常な状態にすることも、発毛にとっては大切なことです。

ただし、海藻エキスを頭皮につけても、髪の毛が生えることはありません。
少なくとも、現時点では、海藻エキスのみで髪の毛が生えたという臨床データは1件もありません。
「海藻を食べると髪の毛が濃くなる」とよく言われますが、海藻にはそのような成分は含まれていないのです。


育毛剤に海藻エキスが含まれているにより、副作用が発生した事例はありません。

海藻と言っても、非常に多くの種類があります。
もちろん、毒性のあるものも存在します。

育毛剤に使用される海藻エキスは、ある程度限定されます。
圧倒的に多いのが「海藻エキス(1)」です。
「海藻エキス(5)」が使用されている育毛剤もあります。
これらに毒性はありません。

育毛剤に含まれている海藻エキスに関しては、副作用について心配する必要はありません。


海藻エキスは頭皮環境を整えるためにはよいのですが、髪の毛を生やす効果のある成分ではありません。
もちろん、食べても発毛効果はありません。

海藻で髪の毛が生えたという実績はない!

このことを意外と思った人も多いと思います。
薄くなってしまった髪の毛をフサフサの状態に戻すということは、とても難しいことなのです。


最後まで読んで頂きありがとうございました。


この記事へのコメント

【Sponsored Links】