【治療462日目】最後(11本目)のポラリスNR-07がなくなる

こんにちは、takaです。

今日は2017年12月8日(金)、AGA(男性型脱毛症)の治療を始めて462日目です。
治療を始めてから、ひとつの区切りの日になりました。


20171208.JPG


AGA(男性型脱毛症)の治療は、開始時より「フィンペシア」と「ポラリスNR-07」の2種類の薬によりおこなっていました。
上の写真、左側がフィンペシアで、右側がポラリスNR-07です。


AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが関与した脱毛症です。
男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が増加することにより、発症・進行します。


フィンペシアは、フィナステリドが主成分の飲む育毛剤です。
フィナステリドには、DHT(ジヒドロテストステロン)の増加を抑制する作用があります。
つまり、フィンペシアを毎日飲むことにより、これ以上ハゲなくなる訳です。

フィンペシアは、1錠が1mgの小さな錠剤です。
1日1錠を、毎日決まった時間に服用します。
この薬は24時間間隔で服用するのが最も効率的なので、できる限り、PM7:00~PM8:00の間に服用するようにしています。


ポラリスNR-07は、ミノキシジルが主成分の塗る育毛剤です。
ミノキシジルには、発毛作用があります。
つまり、毛生え薬です。

ポラリスNR-07は、脱毛部分を中心に、1日2回使用しています。
できる限り、AM7:00~8:00の間と、PM7:00~8:00の間に使用するように心がけています。
忘れてしまった場合や使用する間隔が短くなるような場合には、その回は使用を中止して、次回から通常どおりに使用するようにしています。


フィンペシアとポラリスNR-07は、作用メカニズムが異る育毛剤です。
併用することにより、相乗効果があります。
このように作用メカニズムが異なる育毛剤を併用するのは、最近のAGA(男性型脱毛症)の治療では標準的な方法になりつつあります。







今夜、AGA(男性型脱毛症)治療で使用している「ポラリスNR-07」がなくなりました。
治療を開始してから11本目です。

ポラリスNR-07は販売が終了している育毛剤です。
先ほどの使用で、ポラリスNR-07は本当になくなりました。



ポラリスNR-07の使用を開始したのは、治療開始3日目です。
今日が治療開始462日目なので、11本で460日間、治療をすることができました。
1本あたりの使用期間は、40日ちょっとでした。

ポラリスNR-07の標準的な使用期間は30日です。
通常より使用する量が少なめで、1日1回しか使用しない日もあったので、少し長くもちました。
また、頭皮に痒みが発生して、1週間ほど使用していない時期もありました。


今まで、ポラリスNR-07にかかった費用を計算してみました。
最初に購入した3本は1本づつ購入し、以降は「2本セット」で購入していました。
3,720円+4,075円+4,075円+7,150円+7,150円+7,150円+7,150円=40,470円

460日間の使用で40,470円でした。
ポラリスNR-07の費用は、1日あたり約88円でした。


ついでに、今までAGA(男性型脱毛症)治療にかかったすべての費用も計算してみました。
ポラリスNR-07以外にはフィンペシアを使用しています。
一時的にですが、亜鉛サプリも使用していました。

フィンペシア:462錠
2,480円+2,919円+3,035円+2,958円+2,904円×62/100≒13,192円

亜鉛サプリ:30日分
288円

合計=40,470円+13,192円+288円=53,950円


AGA治療462日間の費用は、53,950円でした。
1日あたりの治療費は約117円でした。
治療費は、毎日缶コーヒー1本飲むくらいです。


20171107.JPG


明日から、「フォリックスFR05」という育毛剤を使用します。

AGA(男性型脱毛症)治療に使用している育毛剤は、オオサカ堂という個人輸入業者から購入しています。
下の画像をクリックすると、商品ページに移動します。





フォリックスFR05は、ポラリスNR-07の後継の育毛剤です。
主成分はミノキシジルで、濃度が5%というのも同じです。
使用されている全成分は以下のとおりです。


フォリックスFR05の成分

プロパンジオール、エタノール(SDA 40B -190溶媒)、乳酸、ミノキシジル 米国薬局方、アジピン酸ジイソプロピル、ジブチルヒドロキシトルエン、ピロ亜硫酸Na、アデノシン、BG、水、PPG-26ブテス-26、PEG-40水添ヒマシ油、アピゲニン、オレアノール酸、ビオチノイルトリペプチド-1、メントールクリスタル、セイヨウハッカ油、アゼライン酸、加水分解コムギタンパク、プロシアニジンB2、ビオチン、リン脂質、エスシン、シトステロール、葉酸、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、パントテン酸、ピリドキシン、リボフラビン、チアミン/酵母ポリペプチド

オオサカ堂の商品ページより



これらの成分を見る限りでは、フォリックスFR05とポラリスNR-07は、ほとんど同じという印象を受けます。


フォリックスFR05を使用の報告は、後日させていただきます。
多分、今までと大きな違いはないと思います。


ご覧頂きありがとうございました。




この記事へのコメント