【治療500日目】AGA治療開始500日、いつの間にか500日

こんにちは、takaです。


今日でAGA(男性型脱毛症)の治療を開始して500日目になりました。
時間が過ぎるのは早いもので、いつの間にか500日も経っていました。

開始:2016年9月3日
現在:2018年1月15日


20171216.JPG


現在、AGA(男性型脱毛症)の治療は、「フィンペシア」という飲む育毛剤と、「フォリックスFR05ローション」という塗り育毛剤を併用しておこなっています。
上の写真の左側がフィンペシアで、右側がフォリックスFR05ローションになります。


フィンペシアは、1日1回1錠(1mg)を、毎日決まった時間に服用しています。

フィンペシアは、「フィナステリド」が主成分の飲む育毛剤です。
フィナステリドには、AGAの発症・進行を抑制する作用があります。

AGAは男性ホルモンが関与した脱毛症です。
男性ホルモン「テストステロン」と酵素「5αリダクターゼ」が結合することにより、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」がつくられます。
このDHTが、受容体「アンドロゲンレセプター」に結合すると、成長因子「TGF-β」がつくられる。
TGF-βは。髪の毛が抜けるように指令をだします。
その結果、ヘアサイクル(毛周期)が短くなっていきます。
酷くなると産毛のうちに抜け落ちてしまい、見た目にはハゲているように見えます。
AGAとは、髪の毛の寿命を短くする脱毛症なのです。

フィナステリドには、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の増加を抑制する作用があります。
このため、AGAの発症原因を抑制することができるのです。


フォリックスFR05ローションは、1日2回、1回1mg程度を、脱毛部分を中心に塗布します。
私は使用感覚がなるべく12時間間隔になるように使用しています。

フォリックスFR05ローションは「ミノキシジル」が主成分の塗る育毛剤です。
ミノキシジルには、発毛作用があります。

フィナステリドによりAGAの進行・発症を抑制することができても、すでに薄くなってしまった部分の髪の毛が元に戻ることは通常ありません。
このため、発毛効果のある成分、つまり、毛生え薬が必要なのです。
ミノキシジルは2018年1月現在、最も発毛効果のある成分です。


作用の異なる2種類の育毛剤を併用することにより、相乗効果があります。
このような方法は、最近のAGA治療では標準的な治療法になりつつあります。







AGA(男性型脱毛症)の治療を開始以来、30日ごとに髪の毛の写真を撮るようにしています。
ちなみに、前回は治療開始480日目に撮影しました。

今日はAGA(男性型脱毛症)の治療を開始して500日目の節目なので、特別に写真を撮ることにしました。
何かやらなければいけないような気がしたので・・・


AGA(男性型脱毛症)は、前頭部と頭頂部の髪の毛が薄くなっていく脱毛症です。
私も例外なく、前頭部と頭頂部が薄くなっていました。


20180115.1.JPG


上の写真は、先ほど入浴後に撮った写真です。
髪の毛がまだ濡れています。
正面より少し左側、上60度くらいから、脱毛部分を撮影しました。
この状態この角度から写真を撮ったのは、AGA(男性型脱毛症)の治療開始数日前、治療決意をした時に撮った写真と比較するためです。

下の写真は、左側が治療決意時に撮影した写真、右側が今日治療開始500日目に撮影した写真を並べて比較したものです。


20180115.2.PNG


AGA(男性型脱毛症)の治療を開始する前は、髪の毛が乾いた状態でも地肌が見えていました。
少しでも髪の毛が濡れると、上の写真のように、かなりの面積の地肌が見えてしまう状態でした。

今日写真を撮影した時も、そこそこ髪の毛が濡れている状態でした。
しかし、以前のように多くの地肌が見えるようなことはありません。
髪の毛が濡れても地肌が見えなくなったのは、髪の毛の密度が増したことと、1本1本が太くなったためです。


20180115.3.JPG


この写真は髪の毛が乾いた状態で、正面上45度から撮影したものです。
この角度からでは前頭部の薄毛はほとんど目立たなくなっています。
頭頂部に関しては、まだ地肌が少し見えています。

以前はどのような状態だったのか、同じような角度・距離から撮影した写真を並べて比較してましまし。
下の写真は、左側が治療開始時に撮影した写真、右側が今日治療開始500日目に撮影した写真になります。


20180115.4.PNG


欲を言えば、頭頂部がもっと発毛してほしいです。
少し欲張りからもしれませんが・・・

治療を始めた時のことを思い出すと、AGA(男性型脱毛症)の治療は上出来だと思います。
何よりも正面から見た時のイメージが変わりました。
久しぶりに会う人のなかには、「カツラをつけているのでは?」と思った人も何人かいました。


AGA(男性型脱毛症)治療に使用しているこれらの育毛剤は、「フィンペシア」と「フォリックスFR05ローション」は、オオサカ堂という個人輸入代行業者から購入しています。
下の画像バナーをクリックすると、商品ページに移動します。








今日はAGA(男性型脱毛症)治療を開始して500日目の節目の日です。
だからと言って、何も変化はないのですが・・・

治療を開始してから最初の30日くらいは時間が長く感じました。
いろいろな事があったので。
その後は大きなトラブルも無かったため、時間が早く過ぎた感じがします。
特に治療開始180日目以降は、あっという間でした。

これからも特に大きな変化はないと思うので、時間が経つのが早く感じると思います。
これは状態が安定しているという事なので、非常に良い事です。

ブログに関しては、記事を書くためのネタがなくなってしまいますが・・・


ご覧頂きありがとうございました。







この記事へのコメント