【治療600日目】治療開始600日目の写真

こんにちは、takaです。


今日は2018年4月25日(水)です。
浜松は深夜から早朝にかけ大雨が降っていました。
AM2:00からAM8:00ころまで、10mm/l程度の降水量がありました。

私の住んでいる周辺は、激しい雨が降ると浸水被害が発生する場所が多いです。
急に雨が降ると、下水施設が雨を処理しきれなくなり、道路のいたる所で浸水が発生します。
普通に車を運転していると、深い水たまりにはまり、車が浸水して動かなくなるようなケースも時々あります。

現に私も、昨年の秋、夜中にバイクで走行中に水たまりにはまり、バイクが浸水して動かなくなりました。
その時の水たまりの深さは50cmくらいあったと思います。
20分ほど前にその場所を通った時には、水たまりすらありませんでした。
大雨が降ったことにより、急激に浸水が発生して深い水たまりができたようです。

浜松市には、何とか浸水対策をしてもらいたいものです。
「異文化共済」や「姉妹都市協定」など訳のわからない事に予算を使うなら、もう少し災害対策にまわしてもらいたいです。
安全のための予算は、ケチってはいけません。







AGA(男性型脱毛症)の治療を始めて、今日でちょうど600日目です。
「AGAの治療」などと言うと、「え?何か重大な病気?」と思う人もいると思いますが、やっている事は、育毛剤を使って薄毛を治しています。

成人男性の薄毛の大部分は、「AGA(男性型脱毛症)」という脱毛症が原因です。
AGAになると、前頭部と頭頂部の髪の毛が薄くなっていきます。
一方、側頭部や後頭部の髪の毛はフサフサしたままです。
AGAは最も発症者の多い脱毛症です。
あなたの周りにも薄毛の男性はいるでしょう。
脱毛が発生している部分を確認してみて下さい。
9割以上の確率でAGAにより髪の毛が薄くなったいるはずです。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが関与している脱毛症です。
男性ホルモン「テストステロン」と酵素「5αリダクターゼ」が結合することにより、男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」がつくられます。
このDHTが受容体「アンドロゲンレセプター」に結合すると、成長因子「TGF-β」がつくられます。
TGF-βは髪の毛に対して、早く抜けるように指令をだす成長因子です。
AGAは髪の毛の寿命を短くする脱毛症なのです。
通常髪の毛の寿命は、3~6年程度です。
AGAが進行するほど、この髪の毛の寿命は短くなっていきます。


AGA(男性型脱毛症)の治療を開始してから、30日ごとに写真をとっています。
今日は定例の写真撮影の日です。

写真はいつものように、「真上」「正面斜め上」「真正面」の3方向から撮影しました。
左側が治療開始時、右側が今日治療開始600日目の写真になります。


20180425.1.PNG


20180425.2.PNG


20180425.3.PNG


上から見ると、地肌が見えていた部分に産毛が生えています。
地肌の見える面積は少なくなっています。

正面から見た感じはかなり変わりました。
久しぶりに合う人には、「カツラ被っている?」と言われた事もあります。
これは髪全体のボリュームが増えたからです。

髪の毛がフサフサしていた時の7割くらいまでは回復したと思います。
恐らく、若い時と同じような状態までも戻ること無理でしょう。
それでも、ここまで回復したのは、自分としては上出来だと思います。



AGA(男性型脱毛症)の治療は、2種類の育毛剤でおこなっています。
フィンペシア」という飲み薬と「フォリックスFR05ローション」という塗り薬です。

フィンペシアには、DHT(ジヒドロテストステロン)の増加を抑制する作用があります。
つまり、AGA(男性型脱毛症)の進行を止める守りの育毛剤です。

フォリックスFR05ローションには、強力な発毛作用があります。
攻めの育毛剤と言えます。


フィンペシアとフォリックスFR05ローションは、オオサカ堂という個人輸入代行業者のサイトから購入しています。
下の画像バナーをクリックすると、商品ページが開きます。








AGA(男性型脱毛症)の治療を開始したのは、一昨年の9月初旬からです。
振り返ってみると、「あっという間」に時間が過ぎましたという感じです。

AGA(男性型脱毛症)治療はまだまだ続けます。
今より髪の毛が増えることも十分に考えられますから。


ご覧頂きありがとうございました。


この記事へのコメント