AGAの進行状況の目安『ハミルトン・ノーウッド分類』

こんにちは、takaです。 今回はAGAの進行状況の目安『ハミルトン・ノーウッド分類』です。 AGA(男性型脱毛症)の進行状況をわかりやすく図解したものに『ハミルトン・ノーウッド分類』というものがあります。 『ハミルトン・ノーウッド分類』とは、AGAの診断基準を示したJ・B・ハミルトンという人と、後にこの診断基準を修正したOT・ノーウッドという人の名前をとって、ハミルトン・ノー…

続きを読む

AGA治療法の格付け『男性型脱毛症診療ガイドライン』

こんにちは、takaです。 今回はAGA治療法の格付け『男性型脱毛症診療ガイドライン』です。 『男性型脱毛症診療ガイドライン』は、AGA(男性型脱毛症)の治療を行っている方、これから行う予定の方には、ぜひ、知っておいて頂きたいものです。 そうすれば、怪しい詐欺商法にもだまされにくくなります。 『男性型脱毛症診療ガイドライン』とは、医療的観点からAGAの治療法を格付けし…

続きを読む

簡単にできるAGA(男性型脱毛症)セルフチェック

こんにちは、takaです。 今回は簡単にできるAGA(男性型脱毛症)セルフチェックです。 髪の毛が薄くなる原因には、いろいろなものが考えられます。 そして、その原因ごとに対策も変わってきます。 間違った対策をすると、ハゲ・薄毛を進行させてしまう場合もあります。 ハゲている原因が、AGA(男性型脱毛症)なのか、それ以外のものなのか・・・ 今回は、ある程度判断できるセルフ…

続きを読む

AGAの発症率は、日本人男性(15歳以上)の32%!

こんにちは、takaです。 今回はAGAの発症率は、日本人男性(15歳以上)の32%!です。 15歳以上の日本人男性の約1/3が、AGA(男性型脱毛症)を発症しています。 2016年11月1日の日本の総人口が約1億2700万人で、男性が約6,200万人です。 総務省統計局の資料より AGA(男性型脱毛症)を発症している日本人は1,700万人以上です。 これ、物凄く…

続きを読む

AGAになりやすい体質は母方からの遺伝が大きい

こんにちは、takaです。 今回はAGAになりやすい体質は母方からの遺伝が大きいです。 AGA(男性型脱毛症)になりやすいかどうかは、以下の2つで決まります。 ①5αリダクターゼII型の活性力の強さ ②アンドロゲンレセプターの感受性の強さ この2つは遺伝によるものです。 詳しく知りたい方は以前の記事「AGAになりやすい2つの遺伝的要素」をご覧下さい …

続きを読む