発毛・脱毛の指令をだす「毛乳頭」と、髪の毛をつくる「毛母細胞」

髪の毛を1本抜くと、頭皮に埋まっていた部分が丸く膨らんでいます。 この丸く膨らんだ部分を「毛包(もうほう)」と言います。 体中の毛は、この毛包でつくられています。 毛包には、「毛乳頭(もうにゅうとう)」と「毛母細胞(もうぼさいぼう)」があります。 毛乳頭(もうにゅうとう)とは、毛包(もうほう)の一部で、髪の毛の下の付け根の部分にある組織です。 毛乳頭細胞(も…

続きを読む

脱色剤(ヘアブリーチ)とは?

白人のようなキレイな金髪にしたい! そのような場合には、脱色剤(ヘアブリーチ)により、髪の毛の色を抜く必要があります。 髪の毛に色がついているのは、メラニン色素が含まれているからです。 脱色剤(ヘアブリーチ)には、このメラニン色素を薄くする作用があります。 白人と日本人では髪質が違います。 髪の毛の太さも、白人の方がかなり細いです。 脱色剤(ヘアブリーチ)により、髪の…

続きを読む

一時染毛料(テンポラリーヘアカラー)とは?

髪の毛を染めたいと思った時、1番簡単にできるのは「一時染毛料(テンポラリーヘアカラー)」による方法です。 時間をかけずに、手軽に髪の毛を染めることができます。 一時染毛料(テンポラリーヘアカラー)により、頭皮や髪の毛を痛める心配はほとんどありません。 そのかわりに、簡単に色落ちしてしまいます。 汗や雨などでも色が落ち、衣服を汚すこともあります。 髪の毛の色を…

続きを読む

半永久染毛料(セミパーマネントヘアカラー)とは?

ヘアカラーリングは、大きくわけると4種類あります。 使用している薬剤の種類により、仕組みが違います。 1.永久染毛剤(パーマネントヘアカラー) 2.半永久染毛料(セミパーマネントヘアカラー) 3.一時染毛料(テンポラリーヘアカラー) 4.脱色剤(ヘアブリーチ) 永久染毛剤・半永久染毛料・一時染毛料は、髪の毛に色をつけることを目的としています。 脱色剤は、髪の毛の色を抜くこと…

続きを読む

永久染毛剤 (パーマネントヘアカラー)とは?

髪の毛の色を変える方法には、「染色」と「脱色」があります。 染色とは、髪の毛に色を付けることを目的とした方法です。 使用する薬品の種類により、3つに分類されます。 1.永久染毛剤(パーマネントヘアカラー) 2.半永久染毛料(セミパーマネントヘアカラー) 3.一時染毛料(テンポラリーヘアカラー) 脱色とは、髪の毛の色を抜くことを目的とした方法です。 脱色剤(ヘアブ…

続きを読む