ヘリオケア(HelioCare)、飲む日焼け止め

「お日さまの光に当たらなければダメだよ」 昭和40年代以前に生まれた人は、親や家族、学校の先生などから、このような事を言われたことがあると思います。 確かに、太陽の光に全く当たらないのは問題があります。 しかし、当たり過ぎは体に悪影響を与える場合が多いです。 一般的な生活をしていれば、太陽に光に当たらない事により、体調不調を不良を起こすことはありません。 反対に、当たり過ぎにより、…

続きを読む

ジフェンヒドラミン塩酸塩とは?その効果と副作用について

ジフェンヒドラミン塩酸塩・・・ 舌を噛んでしまいそうな名前の成分があります。 「塩酸」とついていているので劇薬のようなイメージを受けますが、実は人間にとっては非常にありがたい成分です。 参照:茶碗屋店主、角栄のひとりごと ジフェンヒドラミン塩酸塩とは、「抗ヒスタミン剤(ヒスタミンH1受容体拮抗薬)」という化合物の一つです。 ジフェンヒドラミン塩酸塩は、私たち…

続きを読む

防腐剤フリーの目薬は目にやさしいが、使用期限には注意して!

薬局やドラッグストアに行くと、いろいろな目薬が陳列されています。 「どれを選んだらいいのだろうか?」と迷ってしまいますね。 種類の多い目薬ですが、最近では「防腐剤フリー」と書いてあるものがあります。 直感的に、目にやさしい目薬のようなイメージを受けます。 「防腐剤フリー」の目薬とは、どのような目薬なのでしょうか? 防腐剤フリーの目薬とは、防腐剤が入ってい…

続きを読む

目薬にはいくつかの種類がある、症状別による目薬の選び方

目薬は身近な薬です。 薬局やドラッグストアにいくと、非常に多くの種類のものが売られています。 どの目薬を選択すればいいのでしょうか? 目薬はその使用目的別に分類すると、以下のように分類さられます。 ①一般点眼薬 ②人工涙液型点眼薬 ③抗菌性点眼薬 ④洗眼薬 ⑤コンタクトレンズ装用液 複数の効果がある目薬もあるので、きっちりと分類することは不可能です。 例えば、一般…

続きを読む

目薬の保存(使用期限・保管方法)について

目薬は最も普及している薬のひとつです。 救急箱などに入れ、自宅に保管しているというご家庭も多いと思います。 疲れ目や目の充血を感じたら、保管してある目薬を探して使用する場合もあるでしょう。 しかし・・・ しばらく使用していない目薬を使う時には注意が必要です。 目薬というのは、その品質が劣化しやすい薬です。 特に開封後は、保存期限が短い薬なのです。 目薬は身近な薬ですが、知ら…

続きを読む