AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズム

「AGA」という言葉を聞いたことがありますか?

AGAとは「androgenetic alopecia」の略です。
日本語にすると、「男性型脱毛症」になります。


2008.08.png


髪の毛が薄くなっている成人男性の90%以上は、AGA(男性型脱毛症)が原因です。
頭頂部か額の髪の毛の生え際、又は、その両方からハゲあがっていくのが特徴です。

髪の毛は通常、3~6年の周期で生え変わっています。
これを「ヘアサイクル」と言います。
AGA(男性型脱毛症)を発症すると、このヘアサイクルが短くなっていきます。







AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズムは以下のとおりです。

テストステロン
 ↓←5αリダクターゼII型
DHT(ジヒドロテストステロン)
 ↓←アンドロゲンレセプター
TGF-β(トランスフォーミング成長因子ベータ)
 ↓
ヘアサイクルの短縮

という具合でAGA(男性型脱毛症)は発症します。


「テストステロン」とは男性ホルモンの一種で、元々体内に存在する物質です。
このテストステロンが「5αリダクターゼII型」という酵素と結合し、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という強力な男性ホルモンがつくり出されます。

5αリダクターゼII型もテストステロン同様、元々体内に存在する酵素ですが、活性力(活動力)は人それぞれに違います。
5αリダクターゼII型の活性力が強いほど、DHT(ジヒドロテストステロン)をつくりだす能力は高くなります。


このDHT(ジヒドロテストステロン)が、「アンドロゲンレセプター」という受容体に結合すると、「TGF-β(トランスフォーミング成長因子ベータ)」という成長因子がつくり出されます。

成長因子とは、特定の細胞や組織の成長・増殖を促進する情報を伝える物質です。
「増殖因子」「細胞成長因子」又は「細胞増殖因子」と呼ばれる場合もあります。

TGF-βが「髪の毛の成長期を短くしろ」という命令を発し、髪の毛の周期(ヘアサイクル)が短くなっていきます。
DHTがどれだけTGF-βになりやすいかは「アンドロゲンレセプターの感受性」によります。


20161211.0jpg.png


AGA(男性型脱毛症)の治療方法は、施術による治療法と薬による治療法に大別されます。

施術による治療法は、医師がおこなうものです。
自毛植毛育毛メソセラピーなどがあります。
治療費が高いのが最大の欠点です。

薬による治療法は、個人でも可能な治療法です。
「AGAの進行を抑制するタイプの育毛剤」と「発毛効果のある育毛剤」を併用するのが効果があります。


20180508.jpg


上の写真は私が使用している育毛剤です。
左側の錠剤がフィンペシア、右側の容器に入ったのがフォリックスFR05ローションという育毛剤です。


フィンペシアは、飲み薬です。
1日1錠を決まった時間に服用します。
主成分は「フィナステリド」です。
フィナステリドには、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する作用があります。
フィンペシアは、AGAの進行を抑制する守りの育毛剤です。

フォリックスFR05ローションは、塗り薬です。
1日2回、脱毛部分につけます。
主成分は「ミノキシジル」です。
ミノキシジルは2018年5月時点で、最も発毛作用の強い成分です。
フォリックスFR05ローションは、薄くなってしまった部分の髪の毛を濃くする攻めの育毛剤です。

作用の異なる2種類の育毛剤を併用することにより、相乗効果が得られます。


下の画像バナーをクリックすると、フィンペシアとフォリックスFR05ローションの販売ページが開きます。
オオサカ堂という個人輸入代行業者のサイトです。
ここには実際に育毛剤を使用した人達の口コミも書かれています。
良い意見だけでなく、悪い意見もそのまま書かれています。








AGA(男性型脱毛症)で髪の毛が薄くなっている人は、日本で1,700万人以上います。
日本人男性(15歳以上)の32%がAGAという調査結果もあります。

⇒記事「AGAの発症率は、日本人男性(15歳以上)の32%!


AGA(男性型脱毛症)で髪の毛が薄くなり、悩んでいる人も多いでしょう。
一緒に頑張って、AGAを治しましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました。

"AGA(男性型脱毛症)の発症メカニズム"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]